【エロ漫画】自分の机に花を添える美少女、おい俺の机に花なんか置いて何してんだと怒る彼、先輩あなたはもう死んでしまっているのですよ、私は貴方が好きだった、たとえ幽霊になっていても、そういうと抱き合う二人だった!

普通に何のへんてつも無い学園生活、そんなある日自分の机に花を添える美少女JKが、人の机に何花なんか置いているんだと怒る彼、もう貴方は死んでいるのですよと言われ、そうだ俺はあの時屋上から転落して死んだ事を思い出す、私はあなたの事が好きだった、たとえ幽霊になっていてもと言われ、もう少し早く気づいてやれば俺は死なずにと後悔する、そして二人で抱き合い昇天する彼だった!

2016.05.07更新





















コメントを残す

*

女子校生(JK)」の人気記事

▲ PAGE TOP